Q1 EVTは、どの様な人に勉強されていますか?

”open”
オペラ、ミュージカルはもちろん、ロック、ジャズ、ゴスペルなど幅広いジャンルの音楽、演劇関係の舞台人や声優にもEVTは勉強されています。声を酷使する事が多い学校教師やアナウンサー、解説者、声のテラピーに携わる言語聴覚士にも、おすすめします。

Q2 日本ではどこで学ぶ事ができますか?

”open”
現在日本では、CSE JAPAN-の運営する公式講習会、各種ワークショップ、認定講師CMTによる個人/グループレッスンで学ぶ事が可能です。イタリアのCentro Studi Estill協会と連携しながら運営しています。

Q3 EVTとは、どの様なシステムなのでしょうか。

”open”
公式講習会は、Estill Voice International認定コースインストラクターCCIによって行われます。レベル1ではFigureと呼ばれる、各発声器官を独立してコントロールする為の規定エクササイズ、またレベル2では、それらを組み合わせて6つのVoice Qualityを作り上げていく勉強をします。発声メカニズムを学び、各発声器官の独立したコントロールを習得する事で、声帯の健康を守りながらもダイナミックで繊細な表現が可能になります。また、認定講師CMTによる、EVTイントロダクション、各種ワークショップ、個人レッスン等を通してもEVTエクササイズを学ぶ事が可能です。

Q4 資格を取るには、どの様にしたらよいのでしょうか。

”open”
まずは、エスティルボイストレーニング公式講習会レベル1-2にご参加頂く事が必要です。その後、認定講師が行うエクササイズ勉強会に規定の時間ご参加頂きます。認定講師が試験に準備ができていると判断したら、CFP試験を受ける事ができます。CFP試験は、Figureと呼ばれる発声に関わる器官のコントロールと、6つのヴォイスクオリティーの実技試験です。こちらを受験するにあたって、音楽大学の出身でなければならない等の制約は全くありません。合格者は、Estill Voice Internationalのサイト上に名前が記載されます。日本では、CFP試験を2017年3月に初めて行う予定です。

Q5 各講座の違いがわかりません。

”open”
公式講習会は、認定コースインストラクターCCIによって行われる本格的な講座です。解剖学的な面からも詳しく発声のメカニズムを学び、発声器官のコントロール方法を学びます。
また、イントロダクションは、EVTに興味がある方に、EVTの概要を知っていただく為のものです。概要をご説明し、簡単なエクササイズのご紹介も行います。
個人レッスンでは、個人のニーズにあわせて、EVTエクササイズを取り入れながら行います。

Q6 各種講座とプライベートレッスン、どちらの方がよいでしょうか。

”open”
公式講習会では、声について360度の視点から学ぶ事ができるので、自分の声についての熟知する事ができるようになりますので、本格的に勉強したい方には受講を強くお勧めします。プライベートレッスンは、スケジュール、レッスン内容共に1人1人にあったものをご提案するため、とても人気があります。
レッスン、講座等は自分の生活スタイルや必要にあったものを選ぶ事が必要です。どの様なコースでも、親身にアドバイスをしながら進めていきます。

Q7 ボイストレーニングレッスンは、どの様な事をしますか。

”open”
基本的には、生徒さんとレッスン内容を決めながら進めます。通常ですと、最初の25分はEVTエクササイズを取り入れながら発声を行い、残りの30分で曲を歌っていきます。曲は、生徒さんの声質、好きなジャンルに合わせて曲を決めていきます。レッスン後には、ご家庭での練習方法をご説明します。

Q8 友人と一緒にレッスンを受けることは出来ますか。

”open”
はい。気の合うご友人同士で、楽しくレッスンを受講することが出来ます。詳細は、ご相談下さい。

Q9 楽譜が読めずに、音楽の素人です。習う事はできますか。

”open”
はい。1人1人にあったレッスン、勉強方法をご提案させて頂きます。まずはご相談下さい。

Q10 Skypeレッスンは、本当に効果があるのでしょうか。

”open”
はい。インターネットの接続状態が良ければ、Skypeレッスンも、通学レッスンも同じクオリティーで受ける事ができます。遠方にお住まいでなければ、初回は通常のレッスンを受けた後に、Skypeレッスンを継続する事をお勧めしています。

Q11 喉の調子がよくありません。医療相談をする事はできますか。

”open”
いいえ。エスティルボイストレーニングは、医療機関との研究を元に確立された科学的なものですが、医療行為ではありません。自身の声の状態に不安がある場合は、専門医の診察を受け、適切な判断を仰ぐ事をお勧めします。

Q12 EVTエクササイズは、難しいのでしょうか。

”open”
いいえ。とても簡単で毎日練習すれば、誰でもできるようになるものです。エクササイズは、声の健康を守る為にありますが、間違えた方法で行うと逆に声を痛めるリスクが伴います。EVT認定講師からの指導なしに行う事はお勧めしません。EVT認定講師、コースインストラクターは、Estill Voice Internationalのサイト上で確認する事ができます。
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
YouTube
Instagram